よし、引きこもろう。

ヒキコモリストの情報を発信するブログ

“よし、引きこもろう。”

精神科・心療内科は待ち時間が長い!有効活用するための持ち物リスト

スポンサードリンク

f:id:givegive05:20170714045624j:plain

 

やっほい。夏用の靴を買うタイミングがよくわからない飛鳥たぐいです。

………誰か一緒に買い物に行ったげて!

 

ところで、今、病院に通院している方はいますか?

今は多くの病院が予約制になっていますよね。そのおかげで診察までの待ち時間が短くなったという病院もあります。

 

ですが、相変わらず精神科・心療内科は待ち時間が長いです。私個人のみの感覚でなくて、ネット上でも同じ意見が見られます。

 

例えば、私の通院している病院は、午後の3時半に予約して、その時刻に病院で受付したのに、実際、診察室に案内されたのは午後5時半なんてことがあります。

これは珍しいことではなく、ほとんど毎回そんな感じです。

 

たかが2時間と思うかもしれませんが、待合室で2時間も待つのはとても苦痛です。

というわけで、長くて苦痛でしかない待ち時間を少しでも楽にするために、持って行くといいものやその場での行動をまとめました。

スポンサードリンク

 

待ち時間を有効活用するために持って行くといいもの

要するに待ち時間は「暇」です。

この暇をつぶすために、何を持って行くといいのでしょうか。

 

暇つぶしには最適です。好きな本を持っていけばいいのですが、かさばらない文庫本がオススメですね。そのほか、待合室に絵本や雑誌が置いてあることが多いですよ。

 

スマホorタブレット

今は電子書籍がスマホやタブレットで読めます。

本を持っていくのが面倒だという方は、こちらを持っていけばいいですね。

 

スマホやタブレットは音楽を聴いたり、ゲームをプレイしたりもできるので、十分暇つぶしになるかと思います。

ただ、待合室は静かなので、イヤホンをして音が外に漏れないようにしてくださいね。

 

飲み物

夏場は特に重要です。水筒やペットボトルの飲み物を持っていきましょう。

待合室の中には、自販機がある場所もあります。ですが、品揃えもあまり良くないですし、好きな飲み物がある可能性も低いです。

水筒を持っていくか、病院に行くまでの道中で買うのがベストですね。

 

ただ、購入するときに炭酸飲料は注意が必要です。開けるときに「ぷしゅっ」と音がしますよね。

別に気にするほどのことではありませんが、音が鳴って恥ずかしいという方は、炭酸飲料はさけたほうがいいです。

 

私の通っている病院の待合室は本当に静かで、咳をするのもためらわれるくらいですので、炭酸飲料は持っていかないようにしています。

私が自意識過剰かもしれませんが、参考までに。

 

飴or小さなお菓子

何か食べたくなったときに重宝します。バリバリと音がしたり、匂いがしたりするものは避けた方がいいですね。

今の病院の待合室には「ご自由にどうぞ」と飴が常備してあります。カウンターの上にあって、なかなか手に取りにくいのですが……。

 

待ち時間の間に外出できる?

待ち時間が2時間もあると、何か用事を片付けられそうですよね。

 

今の病院は診察までに帰ってくれば、受付を済ました後に、外出をしてもいいことになっています。

なので、近くの郵便局で用事を済ませたり、スーパーで買い物したりしている方もいます。

 

ですが、診察の時間が患者によってまちまちなので、何分後に自分の順番が来るのかわかりません。そのため、急ぎ足で用事を済ませてくる方が多い印象です。

 

「あと何人待ってますか?」「自分は何番目ですか?」と聞くことはできるので、そこから推測して、出かけているんですね。

 

ネットで調べてみると、外出が自由で自分の順番が回ってきたら携帯に連絡をしてくれるという病院もあるようです。

だからといって、それで安心して用事を済ませられるというわけではないですが。

 

また、精神科・心療内科に通う方たちは、あまりアクティブではない人が多いかと思います。人と接する時や生活して行く上で、何か困難があるから、病院にきてるはずですからね。

 

その上で、明確ではない空き時間を与えられても、やりたいことを思いつかないのではないでしょうか。

また、外出中もいろいろと不安になるのではないでしょうか。結局、待合室で待つ人がほとんどです。

 

精神科・心療内科はなぜ待ち時間が長いの?

今、私の通院している病院は、「完全予約制」であるのに、予約時間から大幅に遅れて診察室に呼ばれます。

引越しなどで精神科・心療内科は3件経験しましたが、どこも同じような状態でした。

 

一人一人とじっくり話したいから、自然と待ち時間が長くなってしまう。と医師に謝られたこともあります。

 

それならば、時間に対する人数を減らせばいいような気もしますが、トータルの患者数が多いために、そういうわけにもいかないんですよね。

 

昔と違って、精神科・心療内科の偏見がなくなったために、自分から診察を希望する人が増えています。その増加に医師の人数が追いついていません。

 

結局、精神科・心療内科はどこも混んでいるんだと考えて諦めるしかないようです。

 

まとめ

私の経験談をところどころに入れていますが、愚痴のようになってしまっていますね。

 

月に一度、病院に行っているのですが、その度に待たされてしまうので、「もしかして、これで疲れるから、診察で元気がないと言われるんじゃないの?」なんて穿った考えもしてしまいます。

 

本当に待つのは疲れます。その病院だけの問題ではないので、どうすればいいのかわからないんですよね。

 

広い心を持てということでしょうか。うーん。

 

そんな感じです。

でわでわ〜♪

 

 

↓↓ブログの更新情報をお届けします↓↓