よし、引きこもろう。

ヒキコモリストの情報を発信するブログ

“よし、引きこもろう。”

悩みが多すぎて耐えられない時に試してほしいたった一つの解決方法

スポンサードリンク

f:id:givegive05:20170312112234p:plain

 

やっほほい。最近メンタリストDaigoさんの動画をよく見ている飛鳥たぐいです。

 

やるべきこと、悩むこと、問題、障害が多くて、頭がごちゃごちゃしていませんか?

どうすればいいのか。何から手をつけたらいいのか。ひどい場合には、気分が悪くなったりする人もいます。

さらに、ごちゃごちゃが長く続くことで、病気になってしまう人もいるのです。

かくいう私も、かつて悩みすぎて何もできなくなってしまったことがあります。

 

新しいアイディアが浮かんだり、答えを導き出したり。悩むこと自体は、特に悪いことではないですよね。

ただ、それが長く続いて、体調が悪くなるのは、あまり望ましい形ではありません。

多く人は、その悩みごとを解決したいと考えるはずですよね?

 

では、どうしたら、そのごちゃごちゃした悩みを解決できるのでしょうか。

今回は、解決方法を紹介します。それは簡単にできることですよ。

スポンサードリンク

 

悩みを解決するには、それを把握する必要がある

難しいことではありません。

まず、紙を用意してください。ノートでもメモ帳でも、その辺のチラシでもいいです。

そこにあなたの抱える悩みごとを「箇条書き」してください。

 

このときに約束してほしいことがあります。

そのノートなりメモ帳なりを「誰にも見せない」ということです。

もちろん、家族や友人、恋人も含みます。本当に誰にも見せないと決めてください。

 

どうしてだと思いますか?

 

その理由は、誰かに見せるという前提を作ってしまうと、遠慮が生じたり、文章を飾ってしまったりする可能性が生まれるからです。

他者に対するフィルターのようなものが、人にはあるはずです。

そのフィルターがあると、正直な悩みが書けなくなってしまい、効果が薄れてしまいます。

 

「なぜ?」を詳しく

箇条書きする際には、「なぜ?」「どうして」の部分を詳しく書いてください。

例えば、悩みごとの1つとして、明日の会議が頭にあったとしますね。

「明日、会社で重要な会議がある」

これだけでは、なんのことかわかりません。

 

「会議で緊張する」→「緊張するのは以前失敗したからだ」→「失敗すると、上司が嫌味を言ってくる」→「そうすると胃が痛くなる」

 

と、これくらいは書いてください。

矢印で書いていっても良いし、うまいこと文章にして書いても良いですね。

これで「1つ」です。緊張することと胃が痛くなることは別のことだからと、2つに分けないでください。

 

似たようなことは、すべて1つにまとめてくださいね。

「明日また○○にいじめられるかもしれない」

「明日、給食で苦手なものがある」

この2つは別物だと思われるかもしれませんが、「明日学校に行きたくない」の1つです。

 

「行きたくない」→「なぜ?」のなぜの部分が複数になっただけです。

 

いくつ悩みがあるか

いろいろと面倒くさい条件を話してしまいましたね。

ですが、結局は誰も見ないのだから、自己流で構いませんよ。

私が言ったことは、こうしたほうが良いかも、という程度だと認識してください。

 

さて、こうして箇条書きしてみると、あることがわかります。

「あれ? 意外と少ないな」

このように思う人が多いはずです。

箇条書きしてみて、そんな20個も30個も出てこないですよね。

せいぜい、多くても7、8個です。少ない人は2、3個ほどしかないと思います。

それで良いんです。それが普通です。

 

悩みの原因は?

どういうことかというと、頭の中の勘違いがあなたの悩みを生んでいたということです。

頭がごちゃごちゃしていると、今の自分は、悩み事がたくさんあるんだ、それで混乱しているんだ、とどうしても思ってしまいます。

けれども、箇条書きをしてみれば、すぐにわかるように、悩みなんてほんの数個しかないのです。

 

数個の悩みが、頭の中でぐるぐるぐるぐる巡るから、頭の中がぱんぱんになって悩みが多いと勘違いしているだけなのです。

 

「ごちゃごちゃ」の原因は「悩みの量」ではなく「ぐるぐる」なんですね。

「ぐるぐる」を止めるには、物事を箇条書きに書くのが一番です。

悩みが意外と少ない、ということが明確になれば、ぐるぐるも止まり、頭がクリアになりスッキリするはずです。

 

それに箇条書きにしてしまえば、何が問題なのかがはっきりしますしね。

これからの生活が格段に楽になります。

あとは悩みを1つずつ解決していくだけです。

 

まとめ

何が問題なのか、わかってしまえばもう解決したも同然です。

そのことがわかっていただければ幸いです。

「箇条書き」。耐えられないときには、騙されたと思って、やってみてくださいね。

 

 

そんな感じです。

でわでわ〜♪