よし、引きこもろう。

ヒキコモリストの情報を発信するブログ

“よし、引きこもろう。”

仕事で引きこもりを維持したければ、作品を作り続けろ!

スポンサードリンク

f:id:givegive05:20170308232257j:plain

 

やっほほ。まだ確定申告が終わっていない飛鳥たぐいです。

大丈夫、明日行くから……。ほんと行くから……。

 

さて、あなたは引きこもりですか? もしくは引きこもりになりたい方ですか?

引きこもりは度がすぎると健康を害すので、おすすめはしないんですが、「お仕事をしながら引きこもり」は別にいいんじゃないかと思っています。

会社員だって、出勤した後は会社で引きこもって仕事してるじゃないか!

というわけで、家で作品を作り続けて、引きこもっちゃおう!という話です。

スポンサードリンク

 

自分が作れる作品を探す

作品を作るって、なんだか芸術家みたいですよね。ですが、そんな大層なことはしなくていいんです。

小説や漫画、洋服はもちろん、ゲームやwebサイトだって、作品だと思っています。

 

ネット上には、作品を投稿できるサイトがたくさんあります。

それをお金に変えることができる場所もあります。

例えばYouTube。今から参入は難しいかもしれませんが、ユーチューバーとしてお金を稼いでいる人がいます。

www.youtube.com

 

同じようにニコニコ動画も「クリエイター奨励プログラム」ということで、動画や漫画を投稿してお金を稼ぐことができます。

www.nicovideo.jp

クリエイター奨励プログラムとは (クリエイターショウレイプログラムとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

ニコニコ動画では公式や企業、団体が「ニコニコチャンネル」というサービスの中で動画や生放送を配信しています。

ニコニコチャンネルとは (ニコニコチャンネルとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

ニコニコユーザーチャンネルとは (ニコニコユーザーチャンネルとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

有料チャンネルの動画を視聴するにはチャンネルに登録しならなければならず、最低540円以上支払うことになります。

その利益の何割かがチャンネルオーナーに配分される仕組みです。

ニコニコ動画内で人気になれば、ユーザーチャンネルを持つことができるようになります。

つまり、チャンネルを持って登録者を集めれば、お金を稼ぐことができます。

正直に話すと、私はここを目指しています。

 

あなたは作品を作ってる?

小説家になりたかったら、小説を書く。

漫画家になりたかったら、漫画を描く。

これって、当たり前のことですよね? ですが、その当たり前ができていない方が実は多いのです。

「漫画家になりたいなぁ」と友人に話していながら、1作品も作り上げていない方、ということですね。

 

「え? そんな人いるの?」と思うでしょうか?

「うんうん、あるある!」と思うでしょうか?

 

もちろん、そういう人は漫画家になるためになるために何にもしていないわけではないでしょう。

漫画をたくさん読んで研究したり、人物デッサンをやってみたり、背景の練習をしてみたり。

漫画家になりたいと言っているのですから、何かしらのことをしているはずです。

ですが、「オリジナル」の「作品」を「一つも作っていない」わけです。

 

漫画家は技術が買われてなるものではないんです。どの新人賞も「作品」を評価します。

イラストレーターならイラストを、漫画家なら漫画をひとつ以上は完成させるべきなんです。

 

作り続ければ、作品が名刺がわりになる

作品を作り上げることも大切ですが、その作品を多くの人の目に触れさせることも重要になってきます。

例えば、雑誌に投稿して落選した小説や漫画を投稿サイトに投稿してみたり、ツイッターで宣伝してみたり、ブログに書いたりすることです。

編集者の目にとまれば、そこからデビューということになるかもしれません。

そうでなくとも、ファンを増やせば、そこから他の道が見つかるかもしれませんよね。

 

まとめ

なんだか今日の記事は、ひっちゃかめっちゃかな内容ですね。

伝えたかったことは、日の目を見るまで、作品を作り続けるべき。それから、作り続けていいんだということです。

そして、いろんなところに発信しましょう!

それが引きこもりライフへの近道です。

 

そんな感じです。

でわでわ〜♪