よし、引きこもろう。

引きこもって、創作創作ぅ!

“よし、引きこもろう。”

日本って、音痴には厳しくない?

こんにちは、超絶音痴の飛鳥たぐいです。

 

音痴であるが故に、辛い思いをしたのは、1回や2回ではないです。なんだか、生まれてからずっと辛い思いばかりしてきたような気がします。

わかる人、いませんか?

苦痛の音楽の授業

まず、どの小中学校にも存在する音楽の授業。もうね。悪の授業というか魔の授業というか。音痴の私には苦痛でしかありませんでした。

 

算数・数学の授業って、黒板に板書したりして、計算方法を教えるじゃないですか。

国語も同じく漢字・文法を教えます。他の教科も同じ感じです。

でも音楽の授業ってわけわからん。

 

 

歌の歌い方、教わってないですけど!?

 

 

音楽の授業の進め方って、だいたい、先生がピアノを弾いて、それに合わせて「はい、歌いましょう♪」という形ですよね。

え? 「ファ」の音とかどうやって出すの? 「ファ」って何?

口をどのくらい開くとか舌はどの位置なのかとか教えてくれないの?

 

「♯」とか「♭」は半音上げたり、下げたりするらしいし。。。

いや「半音」って何だ? どのくらい上げれば良いの。それどうやるの。

 

もちろん楽譜はあるよ。楽譜読めるよ。

そういうことじゃなくて、出し方を教えてくれという話。

音楽の授業は大嫌いでしたね。

地獄の合唱コンクール

合唱コンクールも大変でした。


以下の記事で書いてますね。

givegive05.hatenablog.com

 

小中高と合唱コンクールがあって、、、まあ色々ありました。

悪魔のカラオケ

そしてカラオケですね。

 

私は音痴だということを自覚しておきながらも、カラオケには行っていました。

友達の誘いの断り方を知らなかったんですね。

 

そして、順番が回ってくるときちんと歌っていました。

ここで一回嫌な思いさせとけば、二度と誘わないだろうと考えていたのも事実です。

 

さすがに大学生にもなると、断り方を学んで、カラオケを避けるようになりました。

まとめ

人生を上手く歩めば、大人になって音痴で恥をかくことはなくなります。

ただ、小中学生や高校生は授業だったり、参加義務がある行事だったりして、辛かったです。

 

 

はー音痴つらみ。

 

 

あと、とーーーっても気になることがあるんですが、良いですか?

 

人間の声色ってみんな違いますよね。

それなのに、どうして同じ「ド」とか「レ」の音だと認識できるんですか?

 

声が太い人もいるし、ガラガラ声の人もいるじゃないですか。私はそれぞれ違う音に聞こえるんですけど、どうしてそれらが同じ「ドレミ」の音として認識できるんですか?

 

ちょっと詳しい人、教えてください。

 

 

てな感じです。

でわでわ〜♪