読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、引きこもろう。

ヒキコモリストの情報を発信するブログ

“よし、引きこもろう。”

【第一回カクヨム小説コンテスト】賞を獲るために今、君がやるべきこと5選

スポンサードリンク

f:id:givegive05:20160307172151j:plain

こんにちは。異世界ものを毛嫌いしているのは、自分の黒歴史が異世界ものだったためだと最近気がついた飛鳥です。

しかも、異世界で不思議な力を手に入れて、「俺つええええ」してる系です。
真っ黒な歴史ですね。はい。

 

さて、「カクヨム」のランキングが明日から実装されますね。

コンテストの最終選考に残るには、ランキング上位にならなくてはいけません。今のままでは、ランキングからあぶれるのは必然なので、作戦を立てます。

ランキングは、単純にPV数をカウントするわけではないと言いますが、PV数がカギとなってくることは変わりないのです。(フォロー数はカウントされないらしい)

と、なりましたら、やはりアクセス数は増やしたい。

ということで以下のことをこれからやっていきます。そうして、それらをやると何故いいのかを紹介していきます。

  • 早いうちに完結させる
  • 続いて、続編を投下していく
  • 毎日更新する
  • 話数を細かく指定する
  • いろんな手段を使って宣伝する

では、ひとつずつ見ていきましょう。

 

早いうちに完結させる

読者が行う評価のひとつに☆というものがあります。その作品が面白かったのか、「☆〜☆☆☆」で評価していくんですね。その合計数もランキングに関わってくるはずです。

しかし、完結していない物語には、なかなか評価はつけにくいものです。カクヨムがオープンして、早い段階で完結させるのがカギです。

といっても、もうすでに、オープンしてから7日経っています。この段階で完結していないのはかなりヤバいでしょう(←お前のことだよっ!)。

 

続いて、続編を投下していく

「カクヨム」のトップページの一部に、新着作品を載せているスペースがあります。この部分は、ランキングが実装されても残るはずです。多くの読者はランキングを見るかと思いますが、この新着作品に載ることも重要になってきます。

ランキングを下のほうまで見る人は少ないですが、新着を遡って見る人は多そうです。そういう人が目にとまるように、タイトルを工夫するのも重要です。ランキングを見る人よりは新着をわざわざ遡って見る人のほうがコアなファンになってくれますからね。

コアなファンとは、ちゃんと最後まで読んでくれる読者のことです。アクセス数を見てみるとわかるのですが、多くの作品が、1話目のアクセス数が極端に多く、話数を重ねるにつれて減っていきます。

2話が半分以下という作品もあります。せっかく1話を読んでもらっても、最終話まで読んで☆をつけてくれないと意味がないですよね。

10万文字達成して、物語自体も完結しているにも関わらず、続編を出している人がいます。そういう人は大抵、多くのアクセス数と☆を得ています。私も早くそうなることを目指しています。

 

毎日更新する

先ほども話しましたね。新着機能を上手く使う方法です。でも、みんな同じことを考えているのか、更新して新着に載っても、あれよあれよという間に下の方に流れていってしまいます。

そこでちょっとした工夫。皆と違う時間に投稿するのです。「カクヨム」は作品の投稿予約ができます。投稿する時間を分まで細かく設定できるんですね。多くの人が「17:00」だとか「21:00」だとか、キリの良い時間に投稿すると思います。

ならば、中途半端な時間帯に投稿してみましょう! まったくキリの良くない「18:14」なんかに投稿すれば、新着の下のほうに下がるスピードは遅くなるはずです(と、信じて投稿しています)。

毎日それを行えば、コアなファンが増えるのではないでしょうか。

 

話数を細かく設定する

アクセス数の話です。総アクセス数はもちろんすべてのアクセス数を集めたものですが、これを単純に増やす方法は、話数を増やすことです。

例えば、1万文字を1話に収めたとすると、ひとりが読んでも1PVです。でもこれを2話に分割すれば、2PV得られます。単純に2倍ですね。

このあたりがランキングにどう影響してくるのかわかりませんが、アクセス数が多いことに安心を覚えて読んでくれる読者さんもいるでしょうから、一定の効果はありそうです。

 

いろんな手段を使って宣伝する

これをやるかやらないかで、大きくPV数が変わってくると思います。Twitterのフォロワー数が多い人は、単純に更新したらツイートすればいいと思います。そうやって読者を得ている人はたくさんいます。

ですが、Twitterが役立たない人はどうすればいいか。私なりに有効だと思うことを書いていきます。

  • ブログをする
  • ニコニコ生放送をする

ブログでファンを集めてあれば、小説を書いても、同じように読んでくれるはずです。

私も、ブログを更新した日にはアクセス数が伸びます。特にはてなブログであれば、読者さんが長文を読むのに慣れているので、長編小説でも読んでくれます(もちろん、面白ければ、の話です)。

ニコニコ生放送は、私が勝手に有効だと思っている方法です。生放送をすれば、よほど変な放送でない限り、10人は見てくれます。私はまだ5回くらいしか放送していませんが、多いときは、30人視聴者がいました。

小説を書いている生放送に来るくらいだから、その小説を紹介すれば数人は読んでくれます。そうやって、読者を増やしていけますね。

 

スポンサードリンク
 

飛鳥はどうするのか?

私は今、5万文字ほど完成しています。まずはこれを10万文字にしなくてはいけないですね。

それから、毎日18時半付近に、更新していきます。1〜2話ずつ更新していくつもりです。

それから、ブログ・ニコニコ生放送・ニコニコ動画をやっていきますよ〜。動画を作るのは大変ですが、ちょっと試してみたいことがあるのです。

 

飛鳥の小説はどこで読める?

私の小説は以下のところで読むことができます。宣伝までに。

 

●短編小説(SF)

kakuyomu.jp

●長編小説(ファンタジー)

kakuyomu.jp

 

カクヨムはキャッチコピーを書くことはできますが、単純な感想を書く場所がありません。感想を書きたい場合は、ブログのコメント欄を活用して頂けると嬉しいです。もちろんTwitterでツイートして頂いても構いませんよ!

というところですね。

 

でわでわ〜♪