よし、引きこもろう。

引きこもって、創作創作ぅ!

“よし、引きこもろう。”

まだ学校行事で消耗しているの?〜リサイクルという名のゴミ作り〜

こんにちは。

昨日の記事に対して

「あぁん?合唱コンで口パク?!ゆるせねぇな!!」

という応答があると思っていたけれど、存外、同意の意見が多くてほっとしている飛鳥です。

 

まず、昨日の記事の続きではありません。

ですが少し関連のある内容です。相変わらず、学校行事において、納得のいかなかったことを書いていきます。

高校の文化祭について

皆さんの学校では文化祭ってどんな感じでしたか?

屋台とかお化け屋敷とかをやりましたか?

 

うちの高校は、そういう模擬店を出す形ではなかったですね。

クラスで何かテーマを見つけ、そのテーマに沿って、展示会(?)のようなものをする感じでした。

 

例えば、私が一年のときのクラスでは、『通販』がテーマとして決まりました。

いくつかの班に分かれ、各班が「通販はどうして売れるのか?」や「通販と実際に買うのとでは、どちらが得なのか?」みたいなことを調べます。

それを大きな紙に書いて、パネルに展示します。

 

当日には、教室の机や椅子を外に出して、パネルを並べます。

それだけではなく、通販番組を教室のテレビで流したり、通販のチラシを配ったりしました。

 

お客さんにアンケートを取ったわけですが、結構、散々なこと言われてましたね。

「ここ(高校の文化祭)に来てまで、通販番組を見たくない」

という意見もあったりしました。

「確かに」

と言い合ったのを覚えています。

 

生徒も生徒で、

「普通の文化祭みたいに模擬店やりたいのに、なんでこんなことやるの?」

という人の方が多いです。

リサイクルをして、ゴミを減らそう

2年のとき、クラスで決めたテーマは「リサイクル」でした。

 

「ゴミ問題がどれだけ深刻化しているか」

「1人の人が1年で出しているゴミはどれだけか」

なんてことを各班が調べることになりました。

 

そして、教室にいくつかのオブジェを作ろうということになったんです。

人が出したゴミを集めて何か大きなものを作ろうとしたんですね。

私の班は、絵画でした。

葛飾北斎のあの有名な『富嶽三十六景』をゴミで制作することに決まったんです。

絵画を作ってみるはいいものの

最初は良かったんです。

学校のゴミとか各家庭で出たゴミとかをたくさん集めて、使えそうなものを絵画に利用していきます。

 

でも、あれなんですよね。

都合良く色なんてあるわけないんですよ。

特に、富嶽三十六景では白と青を多く使います。

発泡スチロールとか、ポカリとかアクエリアスのラベルなんかが重宝しましたね。

 

でも足りません。

 

足りないから、どうするかというと、作るしかないんですよね。ゴミを。

 

テーマはリサイクルでした。

途中からゴミを作る作業が加わりました。

 

500mlのペットボトルをコンビニで大量に購入して、皆で休憩中に飲んだりしていました。

それでゴミ(絵の色)を作って、オブジェに使っていました。

 

「なんだこれ」

私はだんだんと冷めていってしまいました。

発泡スチロールの箱

ある日、文化祭の準備のために教室に入ったら、ある光景が目に入ってきました。

 

発泡スチロールの箱を女子4人で殴り壊してましたよ。

 

結構、壮絶でしたね。いやいや、その光景は別に良いんです。問題は箱を壊していることです。

箱ってまだ何かに使えますよね。

それに発泡スチロールって、私の記憶が正しければ、リサイクルできますよね。

それを絵画に使ってしまうんですか?

 

絵画は段ボールの板を何枚か繋ぎ合わせて、そこに下絵を描き、下絵に沿ってゴミを貼付けました。

貼付けには糊を使っています。糊を塗ってしまったため、その段ボールはもはやリサイクルできません。

ゴミにしかなりません。

 

分別もできないから、やはり、まとめて捨てるしかありません。

文化祭の準備は夏休みがメインだったのですが、私は次の日から行くのをやめてしまいました。

完全に冷めてしまったんです。

文化祭の評価は・・・

文化祭3日目の最後にクラスの順位が発表されます。

うちのクラスは3位以内には入らなかったものの、特別賞という賞をもらいました。

 

ゴミを集めて、ゴミ問題を示したことが評価されたようです。

というのも、ゴミ問題の調査がかなり深いところまで調べられていて、かなりお客さんの関心を集めたんだとか。

床一面に缶とか瓶とかペットボトルをずらーっと並べたのも人目を引いたそうです。

 

良かったですね。道ばたの自販機の横に設置してあるゴミ箱を漁った甲斐があるじゃないですか。

ちなみにうちのクラスが出したゴミはトラック3台分。

業者さんに頼んで運んでいってもらいました。

 

『リサイクル問題』を主張したクラスが学校で一番多くゴミを出したんです。

どうして皆さん冷めないんですか?

まとめ

私は少しでも主張と違うことをしたり、黒いところがあったりすると、すぐ冷めてしまいます。

でも、それって自分の責任なのかなというのを書いてみました。

 

皆、馬鹿ではないはずです。

うすうす感づいているはずです。

 

それでも、彼らは最後までやりきるんですね。

重要な役職についていない私はすぐに離脱することができた。それだけなのかもしれません。

 

 

という言い訳でした!

でわでわ〜♪