よし、引きこもろう。

引きこもって、創作創作ぅ!

“よし、引きこもろう。”

まだ学校行事で消耗しているの?〜合唱コンクールは口パクで挑んだ〜

こんにちは。

KindleのタブレットでLINEが使えないので意気消沈している飛鳥です。

 

突然ですが、皆さんは学校行事は真面目に取り組みましたか?

遠足、林間学校、マラソン大会、合唱コンクール、演劇コンクール、文化祭、体育祭、入学式、卒業式。。。

まだまだありますね。

小学校・中学校・高校の学校行事をすべて合わせたら、結構な数になるのではないでしょうか。

 

それらの行事をすべて真剣に取り組みましたか?

これにイエスと答えられる方はすごい真面目だと思います。

きっと、私みたいなやつを見て憎くなったり、ため息をつくほど呆れたりしたことと思います。

私は学校行事をあまり真剣に参加してきませんでした。

 

特に合唱コンクールは不真面目でしたね。

理由はいくつかあります。

  • やってもやらなくても成績には関係ない
  • いわゆるウェーイ系が苦手だった
  • 音痴

そんなわけで、今回は真面目にやっていない話(言い訳)です。

音痴は大変なんです

小さい頃から、この『音痴』というものに悩まされてきました。

音楽のテストで先生に苦い顔をされたり、カラオケで一人だけ点数が低かったり、それを友達にからかわれたりしました。

ちなみに私のカラオケ採点の最高得点は『40点』です(マジです)。

 

高校生くらいまでは友達とカラオケに行っていたのですが、さすがに迷惑がかかるだろうと思い、大学生になってからはカラオケの誘いをすべて断っています。

 

話変わりますけど、音楽のペーパーテストって詐欺じゃないですか?

歌のテストでは結果が出せないとわかり、勉強してペーパーテストで96点取ったのに、通信簿の成績は『3』でした。

落ち込んで、次のテストを無勉で挑んだら30点でした。

相変わらず『3』でした。

 

歌のテストしか見てねーじゃねーか! と思いましたね。

合唱コンクールは地獄だった

それで、毎年ある合唱コンクールをどうやって乗り越えてきたかというと、タイトルにもある通り、口パクです。

ただ、口パクをしたと公言しない方がいいですね。大抵怒られます。。。

 

ただ、口パクってそんなに悪いことでしょうか。

学校行事で手を抜くことってそんなに駄目なことですか?

 

走ることが嫌いな人は、マラソン大会や体育祭に手を抜いて参加しませんか?

全力で取り組まずに適当にやってるじゃないですか。

それと同じで音痴だから真面目にできないんです。音痴だから歌えないんです。

 

練習すればいいって言いますけど、じゃあ、みなさんも長距離練習してくださいよ。

足が遅い人も、練習すれば人並みに走れるようになりますからね。

 

歌わない理由は他にもあります。皆に迷惑がかかるからです。

合唱コンクールは歌の上手さやまとまりの良さなどを考慮して、クラスの順位を決める行事です。

もちろん、みんなが入賞したいわけです。

 

そんな中、音痴な私が混じったら迷惑になりませんか?

音痴が私一人なら平気かもしれませんが、私の周囲に立っている人たちは歌いにくくて仕方ないはずです。

 

実際に文句を言われたことがあります。

「音痴だから治して」と。

さすがに「歌うな」とまでは言われませんでしたが。

まとめ

というわけで、私は歌わないんです。

合唱コンクールには参加していますよ。サボってはいないです。

傍目には歌っているように見えます。それでいいじゃないですか。

 

体育祭やマラソン大会では、足が速い人が競技に優先されたりと、足が遅い人が優遇されます。

足が遅い人たちはいわゆる運動音痴です。

同じ音痴なのに、これだけ差があるのはおかしいですよ。

 

 

という愚痴の日でした!

でわでわ〜♪