読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よし、引きこもろう。

ヒキコモリストの情報を発信するブログ

“よし、引きこもろう。”

もうブログで稼ぐ才能ないから、何でも正直に書くことにした

スポンサードリンク

f:id:givegive05:20150709160739j:plain

ブログを始めた当時はさ、ブログのPV数をがんがん伸ばして、広告収入でがっぽりとか考えていたわけですよ。

目標として半年で5万円稼げるようになって、他のところから仕事の依頼なんか来たり、本なんか出したりしちゃってね。

そんな夢があったわけですよ。

 

でもさ、才能ない。

 

才能ないわけですよ。てか、半年とか無理じゃね?

もう口調が変わっちゃうくらい無理ですよ。

だってさー、なんかいろいろ面倒なんだもん。ちょっと、聞いてくれますー? 奥さん。

まず、広告が面倒くさい

Googleアドセンスの広告の話ね。こーれーが、凄まじくめんどくさい。

1次審査とか2次審査とかあるし、審査通っても、広告の大きさとか位置とか決めないといけないし、こんな記事は駄目だとかあるし。たまに広告が表示されないけどなんでだかわかんないし。

CTRって何? CPCって何? ただ貼るだけじゃ駄目なの?

効率よく稼げる貼り方? なんかここまで来ると、気が咎めない?

記事を見に来てくれる人たちを、カモにしているみたいで、好きになれない。

とにかく、こう広告を貼ったら、クリック率が増えるんじゃないか? とか、クリック単価を増やすには、こうしたら良い、とか、考えるのが嫌なんです。

でも、これが上手いことできないと、大きな収益を得るのは難しいみたい。

じゃあ、別に収益なくても良いかな……と。

スポンサードリンク
 

検索流入を考えるのが後ろめたい

広告を考えるのが嫌だというのと同じ理由で、検索キーワードを考えるのも嫌いですね(笑)

何回か検索流入を狙って書いてみましたけれど、まー後ろめたい。

一つ前の記事なんか特にそう。タイトルに詰め込みましたからね。

givegive05.hatenablog.com

そんで、その通りの検索流入がぼちぼちあります。あるんですけど、記事のタイトルを見るたび「うーっ」ってなります。

なんか、恥ずかしいというか、やっちまったというか、もう目もあてられない、みたいな。

それから、「あれ?」という気分になります。

 

「あれ? 私、こんな記事が書きたかったんだっけ?」

 

ブログを始めるときに思ったことは、誰にも思いつかない、誰の真似もしていないオリジナルの記事を書いていこう! ということです。

今の私には、それができてるでしょうか。

……。

検索流入を狙って記事を書くということは、どうしても、多くの人が知りたいことや望んでいることを書くということに繋がってきます。

つまり、普遍的になるということです。

それは私の意図に反します。つまり、私は尖った文章を書きたかったのに、同時に人気にもなりたかったのです。

有名人か何かのカリスマでない限り、そんなことは叶いませんよね。

さあ、どちらを取るのか、という選択肢に迫られた今、私はオリジナリティを取ることにしました。ぱちぱち。

多分、このブログは人気にはなれないし、稼げないでしょう。

でも書いていれば楽しいし、一部の人にでも想いが伝われば、それで十分です。

まとめ

なんか、めんどくさいとか嫌いとか、わがまましか言っていないような。。。

ブログでお金を稼ぐというのは汚いことだとはちっとも思わない。けれど、効率化することに何故か後ろめたさを感じるのです。

社会人になったことがないから、お金の稼ぎ方を知らないから。だからそう思うのかも。

結局のところ、私には合わないなというのが、本音です。

有名なイケハヤさんを含め、多数のブロガーさんを見てきて、やっぱり、そういった努力の面で敵わないと思った次第なのです。

よし、オリジナリティを出すぞー!!(と言って出るものではない)

 

でわでわ〜♪