よし、引きこもろう。

引きこもって、創作創作ぅ!

“よし、引きこもろう。”

私の何がそうさせたのか。「失踪します」手紙にそう書いて20日間旅に出た話の続きの続き

 

昨日までの記事の続きです。

givegive05.hatenablog.com 

givegive05.hatenablog.com

 

20日失踪したお話です。

何故20日間だったのでしょう。

それは最後にわかります。

鳥取って

昨日話した通り、最初は鳥取に行きました。

初めての鳥取だったのですが、まあ……なんというか……。

鳥取って何もないんですね……。

 

鳥取駅の改札口をでたとき、唖然としてしまいました。

鳥取市って県庁所在地ですよね?

建物があまりないんですが。人もいないんですが。

 

夜だから?

夜だからなの?

 

まあ、そんなことは置いといて(鳥取県民さん、ごめんなさい)。

 

もう、すっかり夜だったので、まっすぐネカフェに向かいました。

実は生まれて初めてのネカフェです。

それをこんな風に経験するとは、夢にも思っていませんでした。

 

受付を済ませ、個室に行ってびっくり。

カギが閉められないんですね!?

天井は空いていますし(背の高い人なら覗けそう)、扉は下半分がありません。

 

…………。

 

えどうするの?

 

このまま寝るの!?

 

寝てていいの!?

 

女子が!?

って言う感じで、頭がしばらくパニックになっていましたね。

当時22だから女子で良いですよね!?

砂丘はどうだったの?

次の日、駅からバスに乗り、砂丘に行きました。

車窓から砂丘の一部が見えた瞬間は感動しましたね。

本当に砂しかないんだ……。(おい)

 

砂丘にはラクダがいて、写真撮影とかラクダに乗って遊覧とかができるようでしたが、そんなものには目もくれず、一目散に海岸に向かいました。

 

砂丘には、砂漠みたいに山や谷があります。

その高低差を利用して、ソリで遊んでいる子供たちもいました。

平日だったのですが、家族連れが多かったですね。

 

鳥取砂丘は東西に広い感じです。

入り口は東のほうでした。

波打ち際を西のほうにしばらく歩いていくと、割とすぐに人の気配がなくなります。

 

他の人の姿が完全に見えなくなったところで、大声に出して泣きました。

泣きながら、ずっと歩いていました。

 

学校のことを全部投げ出して、ここまで来てしまった後悔と恐怖、不安がありました。こうなるまで、誰も助けてくれなかった辛さもありました。

 

「もう嫌だ」とか

「なんでだよ」とか

涙声で叫んでいたような気がします。

 

途中でスッキリして引き返しました。

ただ、泣きたかっただけなのかもしれません。

思いついて、靴を脱いで裸足になりました。

 

漫画「ハチミツとクローバー」にそういうシーンがあったのを覚えていたのです。

泣いた後だったので、裸足の感触については、特別、感情はなかったですね。

帰り道の靴の中がざりっざりになりましたし。

まとめ

全部実話です。

この後もまだまだ失踪は続くのですが、うーん、たぶんもう書きません。

えっと、何故、失踪を20日間で終えたかですね。

 

19日目だったかと思います。

自分で実家に電話して、今から帰ると言いました。

ヒントは二月です。実家に帰りたくなったんです。

 

 

 

……正解は、花粉症が始まったからです。

ごめんなさい。事実なんです。石投げないでください。

 

失踪の予定は、当初二ヶ月くらいのつもりでした。

でも、私は忘れていたのです。花粉症の脅威を。

もう、辛くて辛くて、失踪とか言ってられなかったですね。

 

そんな感じで、私のプチ失踪は幕を下ろしたのでした。

 

 

でわでわ〜♪