よし、引きこもろう。

ヒキコモリストの情報を発信するブログ

“よし、引きこもろう。”

何もやる気が起きない時にも、何かやったほうがいい理由

スポンサードリンク

f:id:givegive05:20170319103724p:plain

 

やっほお。毎日ブログ更新に思いのほか手間取っている飛鳥たぐいです。

 

何もしたくない。何もやる気がない。そんな時は、何か行動をしたほうがやる気を引き出すことができ、結果的にうまくいくきます。

それはなぜなのか。そして具体的に何をすればいいのか。調べてみたので紹介します。

スポンサードリンク

 

何か行動をするべき理由

やる気が起きないときに行動をするべき理由、それは2つあります。

 

何かしないとあとで後悔してしまう

やる気が起きない状態というのは、行動や思考が停止している場合ですね。

頭が休んでいるわけです。

頭が休み続けたまま、ダラダラと1日を過ごしてしまうと、後日、さらに落ち込んだり後悔したりしてしまいます。

私も何もできなかった日なんかは、夜になると、何かしておけばよかったと、気分が沈んでしまっていました。

何かしたほうが断然いいんですね。

 

何かしたほうがやる気が出てくる

何もやる気がしないときでも何か行動を起こせば、やる気が出てきます。

これは経験がある人もいるのではないでしょうか。

一つのことにやる気が出たら、他のこともだんだんとできるようになります。

 

でも、具体的に何をしたらいいの?

では、いったい何をしたらいいのでしょうか。

「やる気が起きないのに、何かをする」というのがとても難しそうですよね。

ですが、「やる気が起きない」という条件をうまく回避すれば、行動をし始めることはできます。

まず、やる気が起きない条件を見ていきましょう。

 

  • 自分から遠いもの
  • ゴールまでが遠い
  • 欲求通りに進まない
  • 単純作業ばかり

 

これらの条件だと、やる気が出なくなる可能性が高いです。

ということで、やる気を出すために、その逆のことをやってみましょう。

 

  • 身の回りのこと
  • ゴールまでが短いこと
  • 欲求通りに進むもの
  • クリエイティブなもの

 

ひとつずつみていきます。

 

身の回りのこと

自分の持っている仕事が、自分から遠いもの、まったく興味がないものであっても、初めのうちは新鮮で楽しいかもしれません。

それでも、長く続くと飽きてしまいますよね。

そんなときは、自分の身の回りのことをしてみるといいです。

 

「本当に何もやる気がなくなったら、まず、部屋の掃除をしよう」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

部屋の掃除をする時間もないなんてときは、歯を磨いたり、コーヒーを淹れたり、立ち上がって、腰をひねったり。

そんなことをしているうちに、やる気が湧いてきます。

 

ゴールまでが短いこと

やっていることのゴールが遠いと、達成感が得られず、やる気がなくなってしまいます。

遠いゴールを何分割かして、小さなゴールを作るといいです。

例えば、本を一冊読む場合にも、章ごとに細かく分けて、「今日はここまで読めた」と手帳に書いていけば、それだけで達成感を覚えます。

 

本を読んで何がわかったのか。何を理解できたのかを書き込めれば、さらにいいですね。

とにかく、ゴールまでの距離は短く。ひとつひとつ着実に踏んでいけば、遠いゴールも達成することができます。

 

欲求通りに進むもの

例えば、プログラミングなどで、複雑なことをやろうとすると、エラーが出ますよね。

そのエラーがずっと続くと嫌になってやめてしまう場合があります。

そんなときは、別のことをやってみるといいです。

 

簡単なアプリやゲームを作ってみるといいかもしれません。

「完成した」「できた」という感覚が重要です。これらを積み重ねていくうちに、難しいことにも取り組めるようになります。

 

クリエイティブなもの

やる気がわかないときに、だらだらとテレビを見ていたり、ネットサーフィンしたりするのは、あまりよくないです。

これは、つまらないことに時間を費やしたことで、のちの後悔が深くなるだけです。

こうなると、やる気のなさは悪化するばかりですね。

 

それよりは、何かを作る。何かを発想する。という行動をするといいです。

何か作りたいものはないですか?

思いついたことをノートに書き留めるだけでもだいぶ違います。

 

私は漫画と小説と動画とゲームと曲を作りたいです。

なかなか前進していませんが、これらの目標やゴールなどを書いていくだけでも、頭のモヤモヤが晴れ、すっきりとします。

 

まとめ

本文でも書いた、

 

  • 自分から遠いもの
  • ゴールまでが遠い
  • 欲求通りに進まない
  • 単純作業ばかり

 

これらのことは、やる気がないときに無理にやっても逆効果になることが多いですね。

やる気は、無理に起こすものではなくて、自然に湧き上がるものです。

やる気とうまく付き合って、クリエイティブに生きていきましょう!


という感じです。

でわでわ〜♪

 

 

↓↓ブログの更新情報をお届けします↓↓


 

 

関連記事

 お悩みに答える記事は他にもあります。

givegive05.hatenablog.com

givegive05.hatenablog.com