よし、引きこもろう。

ヒキコモリストの情報を発信するブログ

“よし、引きこもろう。”

「わからないこと」に気づいた瞬間って怖くない?という話

f:id:givegive05:20170401172732p:plain

 

やっほお。映画「おもひでぽろぽろ」の「雨の日と曇りの日と晴れと、どれが一番好き?」って告白の言葉だったんだと最近知った飛鳥たぐいです。ただ話題が欲しくて聞いたんだと思ってたよ。。。

 

そんなことより、「わからないこと」って怖くないですか?

幽霊的なこと、宇宙的なことがわからなくて、(幽霊が)怖いという意味ではありません。

そうではなくて、「わからない私」ということ自体に怖くなる瞬間ってないですか? ということです。

スポンサードリンク

 

お茶の淹れ方がわからなくて怖い

私、お茶の淹れ方がわからないんです。

そんなん普通に淹れたらええやん、と思われるかもしれませんが、ダメなんです。できないんです。

 

急須にお茶っ葉を淹れますよね? 一人分ってどのくらい入れるものなんですか?

お茶っ葉を入れてお湯を入れて、どのくらい待てばいいんですか? その間何もしなくていいんですか? かき混ぜるんですか?

そんな質問がわーっと湧いてきて、ときどき、ふっと怖くなるんですよ。

 

「あ、私、お茶の淹れ方知らない……」って。

 

怖くなるのだけならいいんですけど、ときどき、涙がでることがあります。

もう、怖くて怖くて仕方ないんですね。

 

「怖い。知らない。どうしよう」ってなって、「私ダメなんだ」ってなります。

これ、理解してもらえますか?

 

周囲の人間も知らないことならば平気

実はお茶の淹れ方は実はネットで調べたので、今はできると思います。たぶん。

お茶を例にとりましたが、すべてのものが怖いわけではありません。

例えば、「着物の着方がわからない」のは別に平気です。一生知らないまま生きていきます。

 

それがなぜ平気なのかと考えたんですね。

おそらく、周囲の人に聞かれたり、やれと言われたりする可能性がないからなんですね。

お茶については、法事のときに、従姉妹が難なくお茶を淹れていたのが、印象的だったのです。

 

従姉妹は少し年上ですが、ほぼ同年代です。法事は、共通の祖母の法事でした。

もしかしたら、また法事があったときに今度は自分が頼まれるんじゃないか。

そのときにできなくて恥をかくのではないか。そんな思いが心のどこかにあります。

 

怖いと思うのは知らないことをからかわれてきた過去があるから

私は小学5年のときに、東京の小学校に転校してきました。

小学校といえども、学校の常識って学校ごとに違うじゃないですか?

掃除の仕方、給食の配膳の仕方。転校してみるとわかるのですが、だいぶ違いますよ。

 

そして、だいぶ違うはずなのに、小学生たちのほとんどは、自分の通う小学校が常識で、他の学校も、皆同じように過ごしていると勘違いしています。

そのせいで、ことあるごとに「こんなことも知らないのか」とイジられました。

「前の学校に帰れ」と校舎を追い出されたこともあります。

 

そうやってからかわれて、イジられたから、「知らないことは悪いこと」と刷り込まれたのだと思います。

今は自分をからかう人間はいないですが、何か言われるんじゃないかと怖くなってしまいます。

 

検索ができる今

今って、何でも検索で調べることができますよね。

なので、わからないことがあれば、調べればいいので、昔よりは不安はなくなりました。

ですが、人と話しているときに、いきなりスマホで検索するわけにはいかないですよね。

私が人と話すのが苦手なのは、そういうところにあるんじゃないかなとも思います。

 

とにかく、「わからないこと」って怖くね? という話でした!

 

 

という感じです。

でわでわ〜♪

 

 

↓↓ブログの更新情報をお届けします↓↓


 

 

関連記事

こっちの記事では悩み解決について書いてます。

givegive05.hatenablog.com

givegive05.hatenablog.com

大学3年までの間に卒業までの単位を取るべきってマジ?

f:id:givegive05:20170325173300p:plain

 

やっほほ。最近、学校の授業をサボってマクドナルドでポテトかじっている夢を見る飛鳥たぐいです。でも、そんな経験は一度もないわけだが。。。

 

私は今をときめくアラサーですが、何を隠そう大学生時代というものがあったわけです。

知っていますか?

大学生の大半が、3年生までに卒業に必要な単位をほぼ取得し終えてしまうことを。

 

「え? マジ?」

 

私は大学4年のときにそれを知りました。タイトルは知ったときの心境です。

「そんな。だって、誰も教えてくれなかったやん」

思わず関西弁になったほどです(関東出身です)。

 

入学のときは、 

「へー、卒業単位は〇〇単位なんだ。じゃー、4で割って1年でこのくらい取ればいいのかー」

とか考えていました。

結局、私は4年で単位を取りきることができましたが、やはり取れる単位は3年生までに取っておくべきです。

その理由と、でもそれでもやっぱり取れなかった方のために、どう4年生を乗り切ればいいのかを紹介します。

スポンサードリンク

 

単位は早いうちにとっておくべき理由

4年生はいろいろ忙しい

あなたは大学院に進学しますか? それとも就職しますか?

いずれにしても、4年生はやることがたくさんあります。

進学する場合、試験勉強をしないといけないし、就職する場合、就職説明会や面接、その他さまざまなことに時間を取られるはずです。

 

就職説明会の日に取らなくてはいけない単位の講義があったらどうなるでしょうか?

どちらかを優先しなくてはいけませんね。

 

講義を休んでも、就職のためならと理解を示してくれる先生もいますが、それが続くとなると問題です。

それに、何度か休んでしまうと、講義が身に入らなくなりますよね。単位を取れるかどうかも怪しくなります。

 

研究やゼミはどうするの?

学校によりますが、大半の4年生は研究室に配属されるかと思います。そこで実験やゼミを行い、最終的に卒論を書きますね。

忙しさは研究室によりますが、特に理系は忙しくなる傾向があります。

1日中実験、もしくは半日ゼミなんていうのは、普通にあります。

 

実験においては、自分が何をしているのか把握するために、勉強しないといけませんね。

ゼミも予習をして予習結果を発表しなければいけなかったりします。

こんな状態で、講義のレポートや試験のための勉強をすることができるでしょうか?

 

一緒に乗り切る友達が誰もいない

「3年で単位を取りきるべき」

どこでどうやって、みんなは耳にしたのでしょうか。

私の友達はみんな3年で取れる分は取り切っていました。あと残すは卒論の単位のみ。

 

ぼっち街道をまっしぐらしてきた私でも、さすがにこの孤独は辛かったです。

誰もレポートを手伝ってくれない。ノートを見せてくれない。試験範囲を教えてくれない。

当たり前ですが、全部自分で乗り切らなくてはいけないのです。

 

講義に出ても、名前も知らない下級生ばかり。そんな状況に耐えられるでしょうか。

 

以上が3年のうちに単位を取りきったほうがいい理由です。

取っておかないと辛い思いをすることがわかっていただけたでしょうか。

 

そんなこといわれても、もう4年生だし

3年のうちに取り切ったほうがいいことはわかったよ。でももう4年生だし、単位は残ってるし、一体どうすればいいのさ?

なんて方もいるかと思います。ええわかります。その苦しみ、わかります。

講義は辛い、ゼミはしんどい、進学試験は近いし、味方は誰もいない。

そんな中でどう乗り切ればいいのでしょうか。

 

単位がやばいことを人に話す

いきなりハードル高いですが、よく聞いてください。

友達や同じ研究室のメンバー、研究室の教授など。いろんな人に「自分は単位が残っている」ということを言ってください。

 

ほとんどの研究室では、単位のことを考慮して、研究室の予定を組んでくれます。

単位が残っている生徒も、少ないながらいるということを理解しているからです。

 

ですが、単位が10単位以上残っている場合は、具体的な数字もきちんと言ったほうがいいです。

単位が残っていることしか話していないと、少ないというふうに取られて「でも、このくらいならできるよね」ときつい予定を組まれてしまいます。

本当に残っている単位を正直に言ったほうがいいです。恥ずかしいからと嘘をつくと、後で苦しくなりますよ。

 

簡単な講義を受ける

これは当然といえば当然ですね。ただ、出席すればいいもの。簡単なレポートを出せばいいものなどなど。

ですが、4年となると簡単な講義というものは、取り切ってしまっているというのが普通です。

この辺は、友達に聞くなりして探すしかないですね。

 

下級生の友達を作る

同じ講義に同い年がいないなら、下級生を友達にしちゃいましょう。

下級生から話しかけるというのは、ハードルが高いので、あなたから話しかけてください。

 

私はなぜか上級生に話しかけられやすいようで、2年・3年のときに、何人かの上級生と友達になりました。

ただ、やはり忙しいようで、「ノートを見せてほしい」「代返してほしい」などの、パシリに近い関係になることが多かったですね。

そして、その上級生が卒業したら、パッと連絡がこなくなるという。。。

 

これはあくまで1例ですが、ひとりで教室の隅にいるより、下級生でも交流があったほうがいいですね。

 

まとめ

私はギリギリ卒業できたわけですが、実は研究室にかなりの迷惑をかけての卒業でした。

それは、上記の後半に書いた「乗り切るためにやるべきこと」をやってこなかった結果なんですね。

 

ずっとひとりで、なんとか乗り切ろうとしていました。

そうすると潰れてしまうので、あまりおすすめしません。

 

大学生の方、大切なのは、3年までに取れるだけ単位を取っておくことです。

そしたら、卒論に集中できます。

私の二の舞にならないように、大学生活を謳歌してくださいね。

 

 

という感じです。

でわでわ〜♪

 

 

↓↓ブログの更新情報をお届けします↓↓


 

 

関連記事

私の卒業のことを書いています。 興味がある方はどうぞ。

givegive05.hatenablog.com

givegive05.hatenablog.com

givegive05.hatenablog.com

雑記ブログでできるページ/セッションを意識した記事づくりとは?

f:id:givegive05:20170320190057p:plain

 

やっほうほう。花粉症がきつくてくしゃみばかりしてる飛鳥たぐいです。

 

私のブログは特にテーマが決まっていません。言ってみれば、なんでもありなブログなんですね。

こういうブログを雑記ブログというそうです。

 

雑記ブログとして運営していたところで最近気づいたんですが、このブログ「ページ/セッション」があまり高くないんですよねー。

 

ちなみに1.5です。雑記ブログとしては平均くらいですが、欲が出るのが人間というもの。

今日はそれを高くしよーぜ、というお話です。

スポンサードリンク

 

「ページ/セッション」とは?

「ページ/セッション」とはなんぞやという人のために話をすると、「ページ/セッション」というのは、ひとつのセッションに対するページ数のことです。

はい。

 

………。

 

えっと、全然難しくないよ!? 大丈夫だよ!? ついてきて!!

セッションっていうのは、簡単にいうと、「サイトにやってきたユーザー」のことです。

ページ数というのは、読まれたページの数。つまり、PV(ページビュー)のことですね。

 

つまり「ページ/セッション」というのは、サイトにやってきたユーザーが何ページ読んだのかということ。

この数値、もちろん高い方がいいです。

なぜかというと、

 

1サイトにやってきたユーザーが100人、「ページ/セッション」が2のサイト

2サイトにやってきたユーザーが200人、「ページ/セッション」が1のサイト

 

この2つの同じ200PVになるからです。

 

1のサイトには200人くると、400PVも得られるのに、2のサイトは200人きても、200PVしか得られません。

「ページ/セッション」を2倍にするだけで、PVも2倍になるということがわかっていただけましたか?

もちろん、PVは高いほうがいいということが前提ですよ!

 

「雑記ブログ」と「専門ブログ」

実は雑記ブログより「専門ブログ」のほうが「ページ/セッション」をあげやすいのです。

なぜなら、記事ごとに繋がりがあるから。この記事が参考になったから、他の記事も読んでみようということですね。

 

私のブログは考えたことも書くし、私の過去も書くし、クリエイティブのことで調べたことも書くし。

でも読者さんは、考え方の記事が面白かったからといって、次の記事がクリエイティブ記事だった場合、興味がなければ読まないですよね。

 

そんな感じで読者がすぐに離れてしまいます。

これをなんとか改善しようということです。

 

どうやって「ページ/セッション」をあげるの?

さて、本題です。

どうやって、「ページ/セッション」をあげるのでしょうか。

調べてみた方法を書いていきます。「雑記ブログで」という前提ですよ。

 

リンク記事を貼る

記事の中や最後にサイト内の他のリンク記事を貼ると、興味を持った読者さんがクリックしてくれることがあります。

ただ、なんでも貼ればいいのではなく、関連性の高い記事を貼らなければいけないようですね。

 

当たり前ですよね。

小説投稿サイトの記事に生活保護の記事のリンクを貼ったって、「見よう!」とはなかなか思いません。

 

貼りすぎにも注意ですね。読者さんにとって目障りであったり、もともとの記事が最後まで読まれなかったりします。

 

ひとつひとつの記事の質を上げる

記事の中身がペラッペラで内容が薄かったら、他の記事を読もうとは思わないですよね。

私は、1500文字以上書くことを意識しています。

 

文字数にこだわるのではなく、内容にこだわったほうがいいのはよくわかっています。

ですが、読者さんが満足できる質を提供するには、文字数も大事かなって思ったのです。

最低1500文字というのは、読者さんが飽きずに最後まで読めるくらいの量だと考えています。

 

逆に3000文字あったら、よほど面白くてためになる内容でなくては読まないですよね。

私の筆力ではちょっと無理そうです。。。

 

ターゲットを分析する

自分のブログはどんな人が読みに来ているのか、確かめることはとても重要です。

読まれている記事から分析するのはもちろん、アナリティクスからも考えていきます。

 

どの記事が読まれているのか、スマホが何割なのか、女性が多いのか男性が多いのか。年齢なども参考になりますね。

余談なのですが、私のブログの読者は、5割が以下の記事です。

givegive05.hatenablog.com

 

この記事をリライトするときは、すごくドキドキしました。この記事の検索順位が下がれば、大きくPV数が下がるからです。

この記事は冬に検索されることが多く、夏に近づく今は検索数が減っていますね。

人は寒くなると、小説を書きたくなるのでしょうか。。。

 

読者さんに話しかけるように書く

大勢に話すのではなく、誰かひとりに話しかけるように書くといいらしいです。

そのほうが読者さんのためになるんですね。

それから「!」「?」など、文体にメリハリを出すことも大事なんだとか。

 

私はところどころ語尾を意識的に変えています。

敬語じゃない部分があるのはそのためです。こちらの方が親近感がわきませんか?

 

まとめ

実は、上記のことを意識して3月の初めくらいからやっています。

ですが20日しか経っていないこともあって、まだ変化はありません(むしろ、なぜか下がってるよ涙)。

これを1.8くらいまで上げたいですね。

1ヶ月くらいしたら、また経過記事を書きますね。

 


という感じです。

でわでわ〜♪

 

 

↓↓ブログの更新情報をお届けします↓↓


 

 

関連記事

記事のテーマでよく低迷しています。

givegive05.hatenablog.com 

givegive05.hatenablog.com